crescent moon<2nd site>

〜むぅんのひとりごと〜
多重苦。
右膝が痛い。

股関節の痛みはないし、筋力付いてきたのにまともに歩けないのは膝が悪いから。

股関節に痛みがないから、筋力付いてきたから、長く立っていられるから
膝への、負荷が増えた。

あっちが治ればこっちが痛む。
多重障害の泣き所。
動かなければ痛くないけど
動かないなら手術をした意味はない。

全部治すまで続く負のスパイラル…

右肩だって動きの悪い左肩をかばっていたから悪くなったわけで、
今度は右肩をかばって左腕ばかり使っているので、じきに左肩にも来ちゃうだろう…

でもこの分だと右膝が先か??

そしてまた右膝が治ったら左膝が痛み出すんだろうな…
何年かかるかな。
痛みのない体になれるのかな…

体調 | - | -  ▲ TOP
駐車券をお取りください。
生命保険の入院&通院給付金を請求するために
大学病院に書類を出しに行きたいんだけどね、

大学病院へは車で20分かかるかかからないかくらいで近いし
運転は出来るのになぜ行かないか…

それは駐車場の出入りの時、手を車の外に伸ばせないので
駐車券を取ったり入れたり出来ないから。

車から下りればいいんでしょうけど、
それって運転が下手で機械に車を寄せられなかったみたいでイヤじゃん!(笑)

大学病院の敷地内には障害者専用駐車場があるんだけど
いつもいっぱいなんだもーん。

まだリハビリもしてるから急がなくてもいいから、
手が上がるようになってからでいいかな、とも思ってるから行かないんだけどね。

病院だけじゃなくて、同様に駐車券を取らなきゃいけない駐車場の施設にはいけないので
手術前より行ける所が限定されちゃってるのもちょっとストレスなんだよねー。
体調 | - | -  ▲ TOP
肩術後2ヶ月。
最近、短距離なら杖なしで歩いている。
私の行く所と言えば主に病院かスーパーなので、大した距離を歩いていない。

先週、近所で買い物した後、少し脚が痛くなったので距離を測れるアプリで測ってみたら550メートル歩けてた。
それが今の私の一度に歩ける距離の限界。

病院は駐車場から50メートルもないし、スーパーもお店に入ればカートが杖代わりになるから
毎日の食材の買い物くらいなら問題ない。

肩の方は相変わらず。
脇の開く角度に大した進歩はないけど、
レジでお釣りを受け取り易くなったし、
ケーキ屋さんのショーケースの上にも手が出せるようになった。

あー、じれったい。
明日目覚めたら無意識で伸びができてるようになってないかなー。

あるわけないか。
体調 | - | -  ▲ TOP
右肩術後55日。
ゆっくりゆっくり…牛歩の如く快方に向かってはいるようです。

あまりにその速度が遅いので
回復していないようにも感じられるのだけれど、
気がつくと先週できなかったことができていたりします。

手の上がる角度ばかり気にしていたけど、
角度で測れない部分に回復が見られます。

例えば…
手を洗ったあと、手を振って水を切る動作ができるようになっていたり、
バッグのファスナーの開け閉めが容易になっていたり、
包丁で人参が切れたし…
要するに衝撃に耐える力が増してきた感じです。

長袖を着る機会が増えてきました…
上着を着なくてはならない季節はもうすぐそこ。

頑張ってます!
体調 | - | -  ▲ TOP
18キロ?
ペットボトルのキャップ、普通に開けられる?

時々開けにくいと感じることがあって
(開けられなかったことはないけど…)
ムキになって開けるのが面倒だと家族にちょっと開けて!なんて頼んじゃうことがあった。

握力なんて高校生の時に測って以来測ってないけど、
当時は32キロとかあって、まあまあ女子としては強い方だと思ってたんだ。

こりゃ、もしかしたら握力落ちてるんだろうなと思ったので
先日リハビリの時、先生にお願いして測らせてもらったら
なんとびっくり右手は18キロ、左手は19キロだった。

右は力を入れるとまだ肩に痛みが出るので、
それがなくなればもう少し上がるかもだけど…

でもね、多分だけど、私、指の関節もちょっと変形しているかもなの…
指が開きにくかったり、ぎゅっと握れなかったりするから。

股関節、膝、肩、足首とこれだけ変形をきたしてるんだから、指もしかり、だよね…

でも握力が衰えるとペットボトルのフタが開けられないだけじゃなく
物を落としやすくなったり、
手すりをしっかり掴めなかったりしたら危ないから、ちょっと手も筋トレした方がいいのかな、って思ったのね…

でもさ、いわゆる握力鍛えるグリップみたいなのをやってると
かえってまた関節を変形させてしまいそうで怖いから
無理なく鍛えられないかなあと思ってたんだ。

最近、中高生の間に「スクイーズ」ってのが流行ってるんだって?
パンだとかバナナだとかケーキだとか、いろんな形をした弾力のあるおもちゃ(?)で、

マスコットとしてカバンに付けたり、
触り心地がいいから、グニャグニャ揉んだり伸ばしたりを楽しむ物なんだって、テレビで見たんだ。

これだ! これなら鍛える意識をしないで指に力が入る!

というわけで、いろいろ触って、一番手に馴染むものを買ってきました。






こんな感じで無理なく握りつぶせます(笑)
夕飯後から、ただ手でもてあそんでいたんだけど…

気づいたら指が疲れてる^_^;

いいかも。
体調 | - | -  ▲ TOP
早く言ってよ!
2週間に一度のリハビリ前の診察はいつもこの病院にいる股関節の先生に診てもらう。

Dr.:「どう、調子は?」
む:「ゆーーーーっくり快方に向かってるみたいですけど、思ったより治りが遅くてじれったいです。」

Dr.:「肩は股関節より治るのに時間がかかるからねぇ…」
む:「え? そういうものなんですか?」

Dr.:「うん、股関節はいやでも立ったり歩いたりすれば動くけど、肩は動かさないと動かないし、関節の仕組みも違うしね。」
む:「そうなんですかー? 1か月経ってもこの調子だから、ちょっといじけてたんですよー! もう、早く言ってくださいよー!」

Dr.:「あれー? 言わなかったっけ?f^_^;」
む:「聞いてないですよー -。-;!」


と、言うわけで、上半身の手術は初めてなので、勝手に脚の時と比べてしまってその治りの遅さに無駄な焦りを感じてしまっていただけでした。

もう1ヶ月、じゃなくてまだ1ヶ月なんだ。

「言ってなかったっけ?」って先生は笑い飛ばしてるけど、これが昨日今日先生のとこに来た患者だったら信用問題に関わりますよ!
確かに私も肩の先生にリハビリにどれくらいかかるかとは尋ねなかったけどね。
脚の手術は4度も受けて、どれもひと月も経てば痛いということが無くなっていたから同じように考えてた。

なーんだ。そういうことか。
もっと気楽に考えよう。
体調 | - | -  ▲ TOP
左股関節術後126日目、右肩術後39日目。
左股関節の調子はほぼ問題ない。
だけど膝も悪いし、右肩の痛みもとれないので
出かける時はロフスト杖を使っている。

T字杖は手首が痛くなるので好きじゃないし
ちょっと大袈裟に見えるかもだけど、
持ち手のところに荷物を掛けたりもできるからロフストの方が便利なんだ。

杖は股関節のためというより膝のために、
そして他人への注意喚起のために使っている感じ。
人の目を引いておけばゆっくり歩いていても不思議がられないし
ぶつかられることもない。

肩が痛いことは傍目からはわからないから、自己防衛のためにも赤いロフストは派手でいいんだ^ ^


先週土曜日、肩の先生の診察があった。
先生は…
「これだけ変形が進んでいれば術後1ヶ月経っても痛みが取れないのは当然。
十分人工関節にしてもいい状態なんだから…」とおっしゃる。

これがなんだか私には「人工にしたくないって言うからとりあえず関節鏡やってみたけど、ほらね、やっぱり人工じゃなきゃだめだろ? 」と言われているように聞こえてしまった……

先生は事実を言ったまでなのに、どうして私は肩の先生の言葉の意味のそのままに受け止められないのだろう…

「まだやっと手術前と同じくらいの可動域に戻ったくらいで、傷みはむしろ手術前より痛いくらいですけど、
リハビリのたびに少しずつですけど可動域が広がって
痛みも減っているのが感じられているし、
リハビリの先生の補助があれば腕も上げられます、
だからまだ回復の余地はあるのを感じているから
1ヶ月経ってもこんな状態ならじゃあすぐに人工にしましょう、とは思えません。 もうしばらくリハビリを受けたいです!」
と、キッパリ言ってきた。

とは言え正直なところ、時々やっぱりダメなんじゃないかなんて思うこともある。
この痛みは人工にしない限り取れないんじゃないか、って。
いっそ諦めて人工関節置換しちゃった方が楽かもと思うこともある…

いつまでこの状況に耐えられるだろうか…
肩の痛みに耐えている間に膝も限界がきてしまったらどうしよう…

いったい私の体にいくつ人工関節が入れば普通の生活ができるっていうんだ…
…まだ、また入院したくない…


肩の手術の後の口の中に残ってた消毒液のような不快な味がまだすぐに思い出せる…
手の甲に刺した針の痛みもまだ思い起こせる…

何でだろう…以前は不快感などすぐに忘れられたのに…

長引く痛みでココロがやられちゃったかな……
体調 | - | -  ▲ TOP
肩術後11日(退院後一週間)。
術後11日で初リハビリ。
ちょっと遅くない?

リハビリは脚の手術をした病院に戻り、脚と一緒にすることにしたので仕方がないか。

だけど、ここ2、3日でやっとゴリゴリ骨同士がぶつかる音が聞こえなくなってきたところなので
そのゴリゴリ音が出るときは激しく痛みが出ててたから、 そんな時にリハビリしてたら辛かっただうね。

よく手術経験のない人に、人工関節の手術はすごく辛そうだと思われてるんだけど、
まぁ確かに辛いは辛いけど、悪い部分をスパッと切ってガシっと金属をはめちゃうから
元々痛かった所は無くなっちゃってる訳で、
痛いのはその時に傷ついた周りの組織と、
筋力がなくなってるところでリハビリするから筋肉痛が起きたりする痛みなので
事故で骨折したり、自分の骨を切ったり繋げたりする手術のほうが
ずっと痛いんだと思うのですよ。


股関節の術後と肩の術後、痛みの質が全く違うんですよ、これが。

部位も違うからというのもあるけど、
脚が動かなくても入院中は手芸をしたり塗り絵をしたり、
中国語の勉強をしたりできたんだけど、
肩が痛いと何もできないの。利き手だし。
目と指先は使えるから携帯はいじれるし、
脚は動くけど立ったり座ったりする時も肩に響いて痛いから
歩き回れもしないの。
それでも何とか今日は病院まで車で行けて、帰りには買い物ができるようになって
ちょっと急に頑張っちゃったからかな、
家に着いたらクタクタ。
だけどとーちゃんの夏休みは終わってしまったので
ご飯も作らなくちゃで…


疲れたー……。
体調 | - | -  ▲ TOP
肩術後6日目(退院後2日目)
大学病院での診察。
10時半の予約なので9時半に家を出ることにしていたけど
着替すら一人ではできないので手伝ってもらった。

身支度に元気な時の3倍は時間を使う、と踏んで支度を始めているつもりなのに、
予測が甘く5分出遅れた。

自家用車だからいいけど、5分の遅れはもしバスなら間に合わないよな…

で、10時丁度に受付を通れた。

考えみれば、車で25分のところに大学病院がある、というだけで恵まれているのだろう。


予約してあったのに2時間半待ち。
仕方ない、退院時に無理やり入れてもらった予約だし、
大学病院の診察はいつも3時間待ちを覚悟して出かけるので
早かった方だと思うことにする。

まだ手術から6日だけど、関節鏡手術は傷が小さいので
抜糸しても大丈夫な状態になっているとのことで抜糸。

2針×5ヶ所。…痛かった>_<
先生に「肩を動かすとグリグリ音がして、その度に激しく痛みが走ります。」と話したら、
それでもどんどん動かして。そのうち馴染むから。
と至って冷静なお答え。

優しそうで真面目そうな先生ではあるんだけど、
あまりこちらを見ないで淡々と話すので
冗談も余談も受け付けてはくれなそう。
お利口さんにしていなきゃいけない、そんな気にさせる先生だ。

術後1ヶ月の診察は、股関節の手術をした駅前の総合病院の方で
受けることになった。
体調 | - | -  ▲ TOP
また入院します。
報告が遅くなりました。

あさって8月9日(水)に大学病院に入院、
10日に右肩の手術となりました。


右肩はどんな状態かというと、
手を後頭部に持っていけない、
ハンドバッグを手に提げて持てない、
台布巾でテーブルを拭けない、
大根おろしができない、固い野菜が切れない、
左向きで寝る時、痛みで右腕のやり場がない、
仰向け、右向きに寝ても長時間同じ姿勢で寝ていると固まって動けなくなる、
右手を後ろに回せないので、エプロンの紐が結べない、ベルトが通せない、パンツを上げづらい、
前開きの服が着られない
首に手が回らないので、ネックレスをとめられない、
日焼け止めを塗れない、
左肩が凝っても揉めない、ブラのストラップがあげられない、
手を上に上げられないので、伸びができない、棚の上のものが取れない……

_| ̄|○


あ…↑こんなポーズできない(笑)

さぁ、手術でこれらがどこまでできるようになるでしょうか…

期待半分、不安半分。


入院すればまた注射針も何度も刺されることでしょう、
手術後しばらくは痛みに襲われるでしょう。
不自由な時も過ごさなければならないでしょう。

でも今はそんなことはあまり気になりません
完全には治らないとしても、今より少しは楽になれることを信じて疑ってはいないから。

行ってまいります。
体調 | - | -  ▲ TOP
| 1/21 | >>