crescent moon<2nd site>

〜むぅんのひとりごと〜
知れば知るほど。
気づけば今年もひと月が過ぎてしまいました^_^;

2月といえは旧正月。
中国の春節の連休があるのでまた今月中にあちらへ行く予定です。。。

今まで4回中国へ行って、とりあえず買い物をしたり食事をしたりする分には
私のごく基礎的なテキトーな中国語で間に合ってしまったので
すっかり中国語学習を怠ってしまい、まったく上達していないので
行くことが決まって直前になった今、
また焦ってにわか仕込みをしている次第です^_^;

車の中で中国語のCDを聞き流しているくらいでは頭に入らないのですが
不思議なもので、紙に書いた方が覚えられるのですねー^_^;


で、やっぱり中国語を勉強すると、日本語の語源を知ったりできて
とても興味深く面白いのですが、なにせ私は飽きっぽいので続かないのですねー、これが^_^;


で、ここで私が中国語を学び始めて、感心したことをいくつかご紹介しますね。


その1

よく学校からのお手紙の文頭に「保護者各位」って言葉があるでしょ?

平たく言えば「保護者の皆様へ」だけど「各位」ってなんだ?って思ったことないですか?

「各」は、おのおの、でわかるけど
「位」は、くらい?

日本語だと「くらい」とか「位置」「順位」「地位」みたいに
場所を示すような意味でしか使わないのに
なんで「各位」が皆様なんだ?って思ったことないですか?

中国語の「位(ウェイ)」は人を数える丁寧語の助数詞なの。

「5人の先生」は中国語で「五位老師(ウーウェイラオシ)」、
「3人のお客様」は「三位客人(サンウェイクーレン)」といいます。

なので「各位」は「各人」の丁寧語というわけなのです。
日本語だと今は「位」には丁寧な意味があるイメージはないけど
中国では今も丁寧語なのです。


その2

「熨斗」 読めますか?


そう、贈り物とかに貼る「のし」ですね。
でも中国には「のし」をつけて贈り物をするなんて聞いたことはありません(笑)。

中国語で「熨斗(ユンドウ)」は「アイロン」のことです。

のしはもともとアワビを伸して干したものだったそうだけど
中国語では伸ばす道具が「熨斗」だったのが
日本語は伸ばされた物が「熨斗」として
ずっと伝わったのですね。


ね、面白くないですか?中国語。

そう思うくせに、もっとマジメに勉強すればいいのにね、私。^_^;



追記:

「熨」は、熱をあてて伸すこと、
「斗」は、ひしゃく。

昔のアイロンは金属のひしゃく状のコテの中に炭などの熱源を入れて伸ばしてたので「熨斗」になったそうです。

「斗」は今でも容積をはかる単位として残ってるでしょ?
一升の十倍は一斗。一斗缶の一斗。

「北斗七星」は北のひしゃくの形に並んだ七つの星、ということ。

中国語を学ぶと、漢字の古い意味がわかるので、私の浅い知識が繋がって
たくさんの「なるほど!」が得られ面白いです^ ^

見聞録 | - | -  ▲ TOP
中国のお月見。
夕べは雨でせっかくの中秋の月も見られませんでした。。。

昨日は中国のとーちゃんは会社がお休みでした。
なぜって?


それは、お月見をする日だから。ホント。


中国では中秋節といって、この日は満月を見ながら
家族みんなで月のようにまーるく
家族円満になるようにと、
食事をしたり、カップルがお月見デートしたりで
会社やお店が休みのところがあるのです。

中秋節に食べるお菓子が月餅で、
中秋節が近づくとショッピングセンターなどあちこちに
月餅売り場ができています。
中国の月餅は日本で一年中買える中村屋さんの月餅より
大きくてずっしり重く、中身もナッツ類の餡や玉子入りのものなどが主流で、
切り分けてみんなで食べるのですが
他にもアイスの月餅があったり、コンビニなどでは一口サイズのバラエティに富んだ味のものもあったり
スタバにもコーヒー風味やフルーツ味の月餅があったりします。

私が食べてみた月餅のうち、オススメなのは蓮の実の餡のもの。
うーん。。。例えてみると、日本の白餡とピーナツバターを合わせたような感じかな。

アイスの月餅を食べてみましたが、
黒ゴマ味のアイスでとても美味しかったです。
あれは日本でも売れると思うんだけどなぁ^ ^



とーちゃんから夕べの広州の様子の写メが届きました。
珠江沿いの公園はお月見の人々で賑やかだったようです。

綺麗な月を見るために会社も休みになるなんて、
ロマンティックというか叙情的というか
、粋な計らいというか(笑)

少し中国が良い国に思えてきませんか?

日本にいると中国の悪いところばかり報道されているので
こんなところも知って欲しいと思います。。。
見聞録 | - | -  ▲ TOP
当て字。


培根。。。ばいこん。。。べいこん。。。ベーコン

おー。。。なるほど。



普超。。。ふちょう。。。プチョウ。。。プッチョ

おー。。。普通を超えるのねー^ ^

アズキミルク味。日本にありそうで無い。。。有る?
見聞録 | - | -  ▲ TOP
足を伸ばして。。。
地下鉄とバスを乗り継いで、郊外にある宝墨園という公園へ行きました。



ここは中国の昔の建物や庭園が再現されていたり、
博物館があったりする公園です。




プールがあったり子どもたちが魚取りを楽しむところもあります。

中国のプールがどこも日本で報道されているような芋洗い状態な訳ではありませんよ(笑)。



こんな写真の加工で古い雰囲気が出るかな?(笑)



とっても中国らしい写真が撮れます(笑)。

見聞録 | - | -  ▲ TOP
桂林の旅。
10日からとーちゃんと桂林旅行に行ってきました。

桂林といえば。。。



山水画によく描かれるデコボコの岩山の並ぶ漓江の川下りが有名です。
絶対に連れて行って!と中国赴任が決まってからずっと言っていて
とうとう念願が叶いました^ ^

二泊三日の滞在後、広州の家に帰宅しましたが
インターネットの環境が整っていないので写真の投稿などしづらいので
帰国後にまた報告させていただきますね。

見聞録 | - | -  ▲ TOP
親子観劇会(笑)。


娘たちとお芝居を見に行きました。

亡くなった私の父は観劇が好きで、私が子供の頃、
歌舞伎や浄瑠璃、小劇場のライブや人情喜劇、いろんなタイプのお芝居を見に連れて行ってもらったものでした。

その影響もあって、実は私は観劇が大好きなのです。

ですが娘たちがあまり興味を持ってくれなかったり
次女の人混み嫌いもあって
親子で劇場に足を運ぶのはなんと初めてのこと。
娘たちがお芝居を見るのは学校の観劇会以来かな(笑)。

でも今日のはテレビでもよく見る有名な俳優さんが多勢出るので、
これなら私に付き合ってくれるだろう、と
勝手にチケットを取ってしまいました。

赤坂には派遣OL時代以来。。。20年、いや24年ぶり(笑)。
まるで様子が違っていて驚きました。

奮発してS席にしたのですが(笑)、ビミョーに遠く
役者さんのお顔が乱視のせいかよく見えませんでしたが^_^;
堀北さんはあの細い体でなかなかパワフルなお芝居で
上川さんもハリのあるいい声で。。。
そして劇中、鳥の役の歌い手さんの歌声とギターがすごく良かったです。

実話を元にした悲劇なのですが、最後は涙をそそられる良い舞台でした。

これを機にまた娘たちもどんどん連れ出そうかな。
今回は初めてなので、有名どころを揃えた大劇場にしましたが、
私としてはもう少し規模の小さい劇場の、役者さんの汗も感じるくらいの舞台がいいんですけどね。。。
見聞録 | - | -  ▲ TOP
可愛くなーい(>_<)
中国のテーマパークというと、クオリティの低い着ぐるみをイメージしちゃわない?

で、ここの動物園はというと。。。



二足歩行のキリンさんが子どもをお出迎え。
顔、透けてます(≧∇≦)
コワイよー。。。

あと何匹か見たけど、着ぐるみは思っていたほどは酷くないけど
今ひとつ中の人のパフォーマンス技術がなく、ただ歩いてたりするΣ(゚д゚lll)

でも、暑い中お疲れ様(笑)


ゴミ箱らしきオブジェ。顔がコワイです。。。


子どもが泣きそう(≧∇≦)


これはクマかコアラか、家族で意見が別れました(笑)


あ、でも、ここの動物園の名誉の為にも言っておきますが、
お土産屋さんの縫いぐるみは可愛かったです。
上野にあるのと変わりない、って言うか上野のお土産屋さんの縫いぐるみも
MAID IN CHNAかもしれないしね^_^;
見聞録 | - | -  ▲ TOP
カワイ過ぎ(≧∇≦)
長隆野生動物世界という動物園に行ってきた。

「パンダなら上野にもいるからわざわざ中国に来てまで動物園なんか行かなくていいよ」
。。。なんて言っていたmimiも大興奮(笑)

ガラス越しでないパンダは
ふわふわムクムクの毛の感じもよく見え、
バリバリと竹を裂きながら食べる音も聞こえ
いつまでも眺めていたくなるくらい可愛かった。


お食事中(^。^) 手前の黄色いかたまりはウ○チ^_^;
竹の繊維のかたまり、という感じでキレイな色なの(笑)


パンダは10頭ほどいたんだけど、それぞれお気に入りの場所があるみたい。
この子はこのコタツみたいな場所が好きみたい。


その他にも、文字を書いたり鼻でフラフープをしたりする象のショーを見たり
象にバナナをやったり、キリンに葉っぱをやって長い舌に舐められたり、
トラに肉を投げたり
所々にある餌やり体験もし、
トロッコみたいな長い車に乗ってサファリパークを抜けたり。。。

家族揃って動物園、なんて何年ぶりだったろうか。
楽しかったけど、園内はすごく広くて起伏が多く、
湿度も高くてヘトヘトになったゃった(;´Д`A
見聞録 | - | -  ▲ TOP
ウケ狙い?



乗り換え駅構内のお菓子屋さんでみつけた明らかにコアラのマーチの模倣品。


じスケツト 子供の楽園に接吻する。。。


なにそれーー?(笑)
これってさー、単純にメーカーの間違い?

なんかここまであり得ないまねっこって
日本人観光客のウケを狙ってわざとやってるとしか思えないよねー^_^;
見聞録 | - | -  ▲ TOP
ところ変われば。。。


夕飯はとーちゃんと待ち合わせをして最寄りの駅近くの
ショッピングセンターの飲茶レストランで食べました。

中華料理屋さんではおかずをいくつか頼むと食べきれない量になってしまうので
だいたいどこのお店でも残った料理の持ち帰りができるの。

打包。。。ダーパオ、とお店の人に言うと持ち帰りパックに詰めてくれるから
頼み過ぎても家でまた残りを楽しめる。

日本でも宴会料理なんかはしてくれることもあるけど、
ファミレスなんかじゃあまりしないでしょ?
衛生面でどうなんだ?って意見もあるかもしれないけど
そんなのは持ち帰った人が保存状態に責任を持てばいいわけだから、
無駄にしなくてすむのでこれはとてもいいシステムだって思うんだよね。

そうそう、日本では食品に賞味期限が書かれてるでしょ?
でも中国の食品に表示されてるのは製造年月日なんだよ。

いつまで食べるかは買った人の責任。

だから、まだ食べられるのに賞味期限が来たから捨てちゃうなんてことは
おそらく中国人のお母さんはしない。

賞味期限を定めないのは無責任だと日本人は思うかも知れないけど
食べられる物を捨てる罪の意識が薄れている日本人もどうかと私は思うなあ。

写真左はダーパオしてきたチャーハン。
明日のお昼にしようと思います(^o^)

右の不思議な形の果物、こんなの初めて見たので買ってみました。

種がちっちゃい桃。
表示には「蟠桃」とありました。
味は日本の少し若い感じの桃。
辞書によると「仙人が食べる桃」なんだって。

そして写真上部の丸いお菓子は「モチスイーツ」
ようするに日本のクリーム大福。

そこがAE○ Nだからってこともあるんだろうけど、
店内には日本の製品や、中国の製品なのに日本をイメージさせる商品名のものも
いろいろ売ってるの。
北海道○○とか、九州○○とか、江戸○○とか、○○の○○みたいに平仮名が入っていたりとか(笑)

中国に来てみる前は、あれだけの反日運動をされてるんだから
みんな日本がキライかと思ってたけど
けっこう日本は好かれてるじゃん!と感じます(笑)。
見聞録 | - | -  ▲ TOP
| 1/6 | >>