crescent moon<2nd site>

〜むぅんのひとりごと〜
お供のローラちゃん。


先日、こういうの↑を買ったの。
私のお供、ローラーステッカーのローラちゃん(笑)。

左手で杖をついて出かけ買い物をすると荷物は右手に持つことになるでしょ、
右肩は痛いし、雨なんか降って傘を持ったら他に何も持てないから
近所に歩いてお買い物に行く時にお供として付いてきてもらっています。
荷物も掛けられるの。
ネットでみつけました。

使い始めた頃は、ブレーキがついているとはいえ
タイヤがコロコロ転がってしまうので少し怖かったけど、
杖を頼りにしなくてもだいぶ歩けるようになったので
(杖無しだとどうしても体が揺れてしまう。無理して杖無しで歩くと後でどこかしら体が痛くなるので、杖無しは短距離のみ)
自治会の他の役員さんに届け物があったので、
これを使ってぐるっと町内を回ってきました。

距離を測れる地図アプリで測ってみたら約1.5km歩けていました。

進歩進歩!


(ちなみにこの‘ローラーステッカー’は杖への依存度が高い方には不向きだと思います。)
体調 | - | -  ▲ TOP
正義。
自分だけが正しい。
自分こそが正義だ。
…なーんて思っているから争いが起きちゃうんじゃない?


まじめ…がときに人を傷つけることだってある、
グレーってのもなかなか綺麗な色だよ。

四角四面で角を立ててひしめき合うより
丸いのを並べてすき間を開けるのも良いかもしれないよ。

近くに寄ってじっと見るより
遠くから眺めた方が見えるものだってある。

一本筋を通すのも偉いけど
臨機応変が必要な時もあるし
考え方を変えたり、違う考えを認めたりすることも勇気が要るもんです。

事実は一つだけど
正しいことは一つとは限らないと思うのです。
ぼそっ。。。 | - | -  ▲ TOP
カミングアウト。
明日、昔の職場の同僚たちとの飲み会がある。
去年の夏以来なので、前回まではまだ普通に歩けていたんだよね…

別に隠していた訳ではないけれど、
今まで調子の良い時にしかその集まりには参加していなかったから
みんなの前で杖をついて歩いたことがなかったんだ…

右人工股関節の手術をした…までの所は話してあるけれど
普通に歩いている私しか見せていないから
私の脚が悪いことなんて覚えてないかもしれないし、
きっと私が杖をつく姿にみんなは違和感を覚えることだろう…

杖を使わなくても歩けないことはないのだけれど、
使わないと右膝に負担をかけるし、
距離が長くなると跛行を隠せなくなる。
歩く速度も遅くなるから、 会場の近くまでは車で行ったとしても
(私はお酒を飲むことより、車で行けることの方を選ぶ。)
二次会に流れた時にみんなと歩調を合わせて歩けない。

いよいよみんなの前で杖を使わざるを得ない時なのかな…

赤の他人の前ならば杖をつくことを何とも思わないけれど、
知り合いに会えば必ず「どうしたの?」と言われるのは分かっている…

なんだかイヤなんだ…

メンバーのほとんどが私より年上なので、
妹的存在の私が杖をついていたら、
「なんだよむぅん、若いのにもう杖なんかついて!」みたいに言われるだろうな…


めんどくさい……


だけど、それも初めだけ…
行くか…赤いロフスト持って。
思い | - | -  ▲ TOP
スルーできない…
駐車券の発券機を通らなければならない駐車場に行けない、って前に書いたけど
同様にドライブスルーもしにくいのです…

クローバーマークを付けて運転してるけど、
それが私の場合、腕が上がらないってことを意味しているなんて誰にもわからないもんね…

発券機とは違いドライブスルーは相手が人だから
カウンターの高さ次第では行けるんだけど…

今日も体調が悪いのに食材がないから何かしら買いに出なくちゃいけなくて、
でも作るのもイヤだったから
牛丼屋さんでドライブスルーしようかと思ったけど、
牛丼屋さんのカウンターはとても高くて手が届きそうもないので
駐車場に車をとめてお店に入って買ってきたよ…

ドライブスルーをスルーできないなんて(T ^ T)
日常 | - | -  ▲ TOP
重い…
低気圧にやられております…
身体中が痛いんです…
特に肩が。

今まで服の重さなど気にしたことがなかったけど
今日着ていたのは先日届いた新しいカーディガンだったんだけど
それが思いの外厚地で硬めの素材だったせいか
とても肩が凝ってきて辛くなり脱いでダウンベストに着替えてしまいました。

カーディガンの重さに耐えられないだなんて…

カタログやネットショッピングにはサイズは書いてあっても
重さまで書いてないもんね…

これからは重そうかどうかも気にして見なくちゃ。
体調 | - | -  ▲ TOP
いつもありがとう。
脚や肩がやや不自由な私には、ネットショッピングは本当にありがたい。

ユニク□にインナーを買いに行きたかった。
大柄の人用のXLサイズは高いところに掛かっているので、腕を上げられない私には取れない。
一見十分届きそうな身長の私が店員さんを呼びつけて取らせるのはいやなのでネットでポチっ。

冬物のカーディガンは羽織る時に、着ている物との摩擦が大きいので、肩の回らない私はお店で試着しづらいのでネットでポチっ。

ペットボトル飲料を箱買いしたいけど、肩が痛くて持てないし、脚力ないから運べないのでネットでポチっ。

セーターに合うペンダントが欲しかった。
お店を巡れないのでカタログのページをめくる。
良さそうなものを見つけたのでポチっ。

そんな具合に買うもんだから、我が家にはしょっちゅう宅配業者がくる。

なのでなるべく再配達にならないように日にちと時間の指定をする。

宅配業者は選べないけれど、たまたま同じ業者にまとまれば運ぶ人も楽だろうと思って4つの注文を同じ日に指定したのに、
業者は3つに分かれてしまった^_^;

明日は3人のドライバーさんにお世話になります。

いつもホントにありがとうございますm(_ _)m

ちなみに食材は一軒のスーパーの中だけで揃えられるし、
1日か2日分くらいなら車で買いに行けるので自力で買いに行っています(笑)。
日常 | - | -  ▲ TOP
駐車券、取れました。
おとといのこと…
やむなく駐車券発券機のある駐車場に車を停めなくてはならない状況になり
頑張って手を伸ばしたら取れました。

でも、出庫の時、料金を投入するのがすごく難しかった>_<

シフトをPに入れ、パーキングブレーキをかけシートベルトをはずし、
窓から身を乗り出すようにしてやっと届きました。

空いてる駐車場だからよかったけど、もうしばらく避けよう…
体調 | - | -  ▲ TOP
いっぱい歩けた!
c◯stc◯の会員証の期限が切れて2年くらいたったかな。
お友達が最近再び会員になったというので、ビジターとして同行させてもらいお買い物してきた。

大きなカートは寄りかかるようにして歩くと
ちょうど病院の歩行器で歩くみたいに歩けるので杖は車に置いていった。

カートの中は次第に重くなるけれど
もたれかかってカラダ全体で押すと肩もたいして痛くない。
友達が前を歩いて向きも調節してくれてたし。

お店に入ってから出るまで、途中で一度トイレに座って脚を休めたけど
2時間くらい経ってたので驚いた。

カートにもたれてたとはいえ随分歩けたもんだ!
久しぶりに楽しい一日だった。
日常 | - | -  ▲ TOP
もういいって!
やけに感情が高ぶるのは生理がきたせいか。
(こんなこと、匿名でやってるから書けること^_^;)

とはいえ54歳。
現役(?)のような立派な周期や量ではないのだけれど
当てがってやらねば下着を汚す。
そんな程度のがまったくもって不定期にやってくる。

まったく予測がつかないし、年も年なので
入院時には医師からも看護師からも一切その件には触れられずに日程を組んだけど
もう無いものと思われていただろう。

ネットで閉経の年齢を検索すると
40代後半から51、52才くらいと書いてあるものが多く
50代半ばまで続く人もいるとある。

はい、ここにもいます(笑)。


毎回毎回、これが最後であってくれと願う…

ドラッグストアで少ない日用のナプキンを買うけれど、
もしかしたら店員さんに
『あのおばさん、尿モレパットを買うのが恥ずかしいのかな?』と
思われてるんじゃないかなんて思ってしまう。

むしろ尿モレパットを買う方が恥ずかしくないくらいだわ(笑)。
体調 | - | -  ▲ TOP
うそつき。
連休中、兄が中学の同級生との集まりがあるので家に泊まりに来ていた。
(いろいろあって母と同居に至った私の家は兄にとっての実家なのだ。)
車で一緒に来ていた兄嫁と嫁母は都内のホテルに泊まり母娘で銀ブラ。

すれ違いで、夫は連休だというのに3日に仕事で広島へ出張。
ついでに4日は広島観光してくる。


私は…

ウキウキの兄のために布団を干し、嫁と嫁母もくるかも知れないので、数日前から計画的にお掃除&お片付け。
お土産とお茶菓子とお墓参り用のお花を用意してスタンバイ。
体じゅう痛かったけど…。

仕事とはいえ私を置いて観光しようと目論む夫に、後ろめたさを感じさせないように
「せっかくそこまで行って観光しないなんて勿体無い! 観光しといで! 」
と笑顔で送り出す。
体じゅう痛くても、笑顔くらい作れる。

そして自治会の集まりに出て、回覧を配ってる。
痛い体に鞭うって。


楽しい連休になって良かったね。


…わたしは……うそつき。


私だって旅行したい。
ドライブしたい。
新幹線に乗りたい。
知らない街を巡りたい。
地方の名物たくさん食べたい。

観光できる脚が欲しい。
つり革を掴める腕が欲しい。


タフな体になれるなら手術でもリハビリでも筋トレでも何でもするのに!

できないものはできない。


新幹線に乗り込んだ夫から、LINEで今日巡った観光地の写真が次々に届いた。

羨ましくて、悔しくて、悲しくなって、泣きたくなって、
涙がつぅっと落ちたけど…

平静を装いmimiとテレビを見て笑った。
思い | - | -  ▲ TOP
| 1/459 | >>