crescent moon<2nd site>

〜むぅんのひとりごと〜
あの頃の未来。
子供の頃、21世紀ははるか遠い未来だと思っていた。

図工の授業では「将来世界はどうなっているか」なんてお題を出されて
誰もが宇宙船や空飛ぶ自動車、タイムマシンやテレビ電話みたいなものを描いていたもんだ。

今の子にそんなお題を出したらいったいどんな絵を描くんだろうね。
一人一台携帯電話を持って、昔だったら有り得ないほどの便利さが手のひらの上にある今、夢につながる道なんてみんなその中にあって、未知のものに憧れる気持ちはもしかしたら昔の子どもの方が大きかったかも知れない。


ゆうべ、高校時代の部活のメンバーで今流行りの“リモート飲み会”をした。

一人の友人が息子さんがしているのを見て自分もやりたくなったと誘いが来た。
そう、私たちにもそれができる環境は整っていたんだ。

10人中8人が集まった。

昔むかし夢見ていた“テレビ電話”の中に私たちの顔は並んだ。

地方の人気カフェのオーナーになった友は明日売るお弁当の仕込みをしながらの参加。
彼は自分の手元を映しキッチンショーさながらの手際の良さを見せてくれた。

ウクレレが趣味の友人はお得意の弾き語りを披露。

スッピンだから顔を映したくないというY子は顔の一部を動物に変装させて登場(笑)

ダラダラしないで楽しく終わるために初めから時間を決めていたので、あっと言う間に予定の1時間半が過ぎた。

楽しかったね。
便利になったね。


♪あの頃の未来に僕らは立っているのかな…

頭の中にあのヒット曲の歌詞が流れた。
思い | - | -  ▲ TOP
お別れ。
昔の元上司が亡くなったとの知らせが届いた。

4月中にその上司を含め宴会が開かれるはずだったけど
3月の時点で体調が悪く入院することになったので欠席すると連絡をもらっていた。

このコロナ禍で宴会も中止となり、お見舞いに行くこともできず
この状況から脱してまたみんなで集まれる日がくるのを信じてただ待つことしかできなかった。

コロナに殺された訳ではないけれど
コロナのせいで最後のお見送りもできなくなった。

ただ…コロナのおかげで上司の元気な様子だけを記憶に残せた、とも言えるのかも知れない。


その上司は私の採用試験の時の面接をしてくれた人だ。
私の力を引き出してくれて、褒めて褒めて褒めちぎってくれて、引退される時は私に感謝までしてくれた。

感謝すべきなのはこちらの方なのに、退社してもう30年になるというのに、会えばいつも「あの頃が一番楽しかった」と言ってくれていた。

いくつになっても向上心を持ち続ける事は大切だといつも身をもって教えてくださいましたね。
次にお会いしたらいろいろ報告したい事もあったのに…

残念です。 


長い間いろいろとご指導いただきありがとうございました。
心よりご冥福をお祈りいたします。
思い | - | -  ▲ TOP
おうち時間。


何年ぶり?

お昼にちぎりパンを作りました。
日常 | - | -  ▲ TOP
増産。


マスク、洗い替え用に増産しました^_^

3枚あれば毎日取り替えられますから。
(毎日は出かけないけどね(笑))
日常 | - | -  ▲ TOP
リモート診察?
今日は内科と整形外科の診察日。
…のはずだった。

病院のコロナ対策はどうなってるかなと思ってホームページを見てみると、「当院はコロナの診察はしていません」とトップページに赤いフォントで表示されており、慢性疾患の投薬だけなら電話で対応してくれるというお知らせが出ていた。

なので今日は電話でリモート通院。

病院には産科があるし、コロナの患者さんが来て院内感染でもしたら大変。
古くからある市民なら誰でも知ってる中規模の総合病院なのでお年寄りもたくさんくるのでいつもとても人口密度が高い。

だから行かなくて済む人はなるべく行かない方がいいかなと思って。

薬剤部に電話して利用している薬局の連絡先など必要事項を告げ、先生のご都合がついた時に折り返し電話を頂いて体調を報告、病院から薬局へFAXで処方箋を送ってもらい、薬局へ薬を取りに行く、という段取りだ。

整形外科の先生にはもう17年もお世話になっているけれど、電話で話すなんて初めてだから変な感じだった(笑)。

二か月後、次の診察の日にはこの騒ぎが沈静化していてくれますように…

皆さまどうぞご無事で…
体調 | - | -  ▲ TOP
でーきたっ!
マスクが買えない状況がいつまで続くかわからないし、
安倍さんのマスクもまだ届かないので、
しょうがないので作ることにしました。

つい2週間くらい前だったかな、ホームセンターの手芸用品売り場で、マスクに適してる(らしい)ダブルガーゼを見に行った時はまだたくさん売っていたんだけど好みの柄が無かったから
その時は『まだいいかなぁ』と買わずに帰ったの。

その後もちっともマスクは買えないので、いよいよ作ってみようかと思って昨日また売り場に行ってみたら、ダブルガーゼはスッカラカンでビックリ。

なにもダブルガーゼでなくてはいけない訳ではないし、家にある布でなんとかすることにしたんだ。



布は家にあった麻のはぎれ。
スティックタイプの布用ののりとチャコペンは新しく買いました。便利だわぁ。
ワイヤーは使用済みの使い捨てマスクから抜いて流用しました。
作り方はネットで検索。
型紙要らずのプリーツタイプにしてみました。

麻は布目が粗いからウィルス入りたい放題かも知れないけど^_^;
あったかいけどサラサラして肌触りは悪くないです。
日常 | - | -  ▲ TOP
迫り来る脅威。
コロナの影響で夫も自宅でのテレワークとなりました。
市内でも複数の感染者が出ています。

そもそもそんなに歩き回れない私の暮らし自体は大きな変化はありませんが、
時々行く大型店舗は軒並み休業になりました。
テレビを見ていても一日中話題はコロナのことばかりなので
普段より見る時間が減りました。

一応夫は仕事中なので(変な感じ(笑))
ちゃんとお昼にお昼ご飯の支度をするので
私はいつもより規則正しく生きております。

9月から週1で行っていたお仕事も、4月から週2になる予定でしたが、今のところそのお仕事もストップしているので完全な専業主婦に戻っております。


市内で発生しているコロナ患者さん、どこの病院に行ったんだろう…
私のかかりつけだったら…ちょっと心配。

4月は肩の診察、内科(高血圧)、整形外科で薬を処方してもらう三つの予約を入れてあるけど、
大きな体調の変化はないし、病院のHPによると電話で投薬依頼できるみたいだし、病院に行かない方がいいのか思案中です。

とにかく、慌てず、騒がず、感染しないように、もしかしたら自覚症状なしに感染しているかもしれないのだから、うつさないように、今は溜め込んでいた未読の本を読んだりする機会ができたと思っておとなしくします。

みんな、がんばろ!
日常 | - | -  ▲ TOP
お天道さまが見てるから。
先週、mimiの付き合いでとある買い物をした。

持ち合わせがなかったmimiに私は1万円を手渡し支払わせ、お釣りに5500円を受け取った。

家に帰って立て替えた分をmimiに請求しようとレシートを見ると
金額は税込5500円。

? ? ?

4500円じゃなかったの?


mimiに確認したら5500円だったと。
私としては1万円有れば足りるはずと思い渡しただけ、
mimiも母と店員さんの間の受け渡しをしただけ、
お店の人は間違えたり誤魔化したりしないと思い込んでいたところがあるのだろう、
二人してお釣りの計算をせずに渡されたお金を受け取っただけで、店員さんの間違いに後になって気がついた…

気がついてしまった。

このままネコババしてしまおうか?
だって店員さんが4500円で売ってくれたんだもん。
わざわざ1000円を返しに時間とガソリン代と駐車場代かけるのか?

どうしよう…

んー……なんか気持ち悪い!

気づいたのに返さないのは詐欺罪になるか?

今日そのお店の近くと言えば近くに用事があったので
ついでに(と言っても私の脚で10分程歩いて)返してきた。

返して良かった。

若いお兄さんの店員さんがすごく感激してくれたから。

「わざわざ返しに来てくださったんですか! 申し訳なかったです。確かにその日集計金額が合わなかったんですよ…あ、少々お待ち下さい、何か差し上げたい…」

と、何か景品だかサンプルだか適当な物をくれようとしたのだけど、こちらとしてもお礼される筋合いもないので、

「いや、こちらもその時気づかなくてごめんなさいね、近くに用があったから、ネコババするのも気分悪いし、気持ちだけいただきます。」と断った。

スッキリした。

若いお兄さんに『こんな正直な(バカな?(笑))人もいるんだ』とほっこりした気分になってくれればそれでいい。
ぼそっ。。。 | - | -  ▲ TOP
再見、朋友!
左の人工股関節置換で入院した時に私の部屋をお掃除してくれていた中国からきた女性Hさんが3月末で3年間の任期が終わり、間も無く帰国となる。

私が入院したのは5月、その頃Hさんはまだ日本に来て1ヶ月経ったばかりだったのだ。

まだ日本の暮らしに馴染めていないHさんには、私がかけた「あなたは中国人ですか?」というつたない中国語からでもきっと少しは安心感を感じてくれたのだろう。

その時の彼女の驚きながらの満面の笑みを今も覚えている。

私も中国に行った時、思いがけず日本語がわかる中国人に出会えた時はとても嬉しかったものだ。

私が中国語を話すことを喜んでくれる人がいる。
それが私もとても嬉しかった。

彼女の滞在中私は三度も手術を受け、リハビリは2年続いたので、退院後もHさんとは何度も顔を合わせる機会があり、wechatで友達にもなった。
次にHさんに会ったら何て声をかけようか、リハビリに行く前はいつもその事を考えていた。

「今日は暑いね」
「風邪ひかないでね」
「まだリハビリは続けなきゃならないの」
「お仕事頑張ってね」
「もうすぐ春節だね」

仕事中の彼女の邪魔をしてはいけないので、いつもそんな挨拶程度の短い会話しかできなかったが、いつか一緒にご飯でも食べに行って、会話を楽しめるようになりたいと思っていた。

でも結局実現できなかった。
短い会話はできても長い会話ができる自信が持てず、彼女を誘う勇気が湧かなかったのだ。

でも、これだけは伝えたかった…


我想和你多会話的心情成為了我学習中文的動力。
(あなたともっと話がしたいと思う気持ちが私の中国語学習の原動力になりました)と。


お別れの前に、自分の声でね。


たまたま彼女の宿舎は私の家から遠くないらしいことは以前聞いていたので、彼女が知っていそうな場所を指定して仕事帰りに来てもらった。


会ってみたら案外いろんな話ができ、しばらく立ち話をした。
3年間でお互い少しは語学力話が上がっていたのだ。
もう少し早く誘ってみれば良かった…

記念に写真を撮り、日本のお土産にと日本茶を渡して別れた。

おそらく彼女にはもう会うことはないのだろうと思うと寂しくなる。


謝謝Hさん、3年間病院をきれいにしてくれてありがとう。
これからは中国人と知り合ったらもっと話してみるね。
どうぞお元気で! 再見!
思い | - | -  ▲ TOP
落ち着け!
私は311の時学びましたよ…
人は不安になると物を溜め込もうとする事を。

ニュースでも再三在庫はある、って言ってるのに
何でドラッグストアの棚からトイレットペーパーが消えるんでしょ?

こういうことがあっても慌てたくないので
9年前から我が家では常にトイレットペーパーを1パック余計にストックしているので、当分大丈夫。

いざとなったらウォシュレットがあるから紙がなくても何とかなる(笑)


マスクもそう。
花粉症なもんだから騒ぎの前に買ってあったから言えるのかもだけど、
咳エチケットのためのマスクなら、長蛇の列に並んでる間に布買ってきて縫えばよくない?


手に入れたマスクを高値で転売する輩…
呆れてものも言えない。
そんなボッタクリ品、買う方も買う方だ。


みんな、落ち着け!!
ぼそっ。。。 | - | -  ▲ TOP
| 1/470 | >>