crescent moon<2nd site>

〜むぅんのひとりごと〜
役員。
報告してなかったけど、昨年度から地区の自治会の役員をしています。

こんな具合の悪い時になぜ?
と思うでしょ?(笑)

だけどこれって4年前に決まってたことで、
みんな順番にやらなきゃならないし、
kikiの大学の役員も終わったとこだったし、
右股関節も順調で特に具合は悪くない時に決めたから仕方ないのよ。

それに、去年の今頃まではこんなに体調が悪くなるなんて思ってなかったもん。

今週末は盆踊り大会があってちょっと忙しいんだ。

子どもたちに配るお菓子を詰めたり
来賓用のおつまみを調達したり、
そして今日は踊りの練習日で、麦茶やアイスをふるまったり…


もうそんなに動き回って大丈夫か、って?

役員の任期は2年間で、今年は2年目。
去年の経験を生かして後輩の役員さんに仕事を引き継いでいくの。

去年は右も左も分からなくてアタフタしてたけど、
今年は私が入院したのをみんな知ってるから
一切体力を使う仕事を私にさせないでいてくれるから
会計報告書などの文書作成の仕事とか、
現場の仕事を他の役員さんに指示したりとか
主に頭脳労働ばかりなので
今日も室内で口ばかり動かしてたよ(笑)

私がパイプ椅子一つでも運ぼうものなら、すぐに誰かが飛んできて
「座ってなさーい!」と怒られる^_^;

そもそも人に指図するってことが苦手なんだけど
そういうことも勉強だと思って
常に感謝の気持ちを忘れずに
動いて貰おう、と今日はできるだけ座ったままでいたよ。

いろんな役員をやってきたけど、
クセの強い人も居たには居たけど
ご一緒した方々がみんな良い人で
私は本当に人に恵まれてるなぁ、と思ってる。

金、土で盆踊り大会、日曜日に片付け。
3日連続出勤(?)、頑張るよ。

その前に、明日は大学病院で入院前の検査。
明後日は駅前の病院でリハビリ。


久々に予定が詰まっております…
日常 | - | -  ▲ TOP
術後2ヶ月。
股関節のリハビリはまだ継続しているので
2週間に一度いつもの先生の診察を受けているわけだけど
そろそろ股関節のほうも落ち着いてきたので
肩の治療を始めようということになり
毎月第三土曜日に肩の専門医の先生の診察日があるので 診てもらうことになっていた。

去年の10月以来肩のレントゲンを撮っていなかったので
改めて撮って診てもらったけど…
診断は股関節の先生も仰る通り、
十分人工肩関節にしてもいいくらい変形が進行しているとのことだ…

ただし、関節の隙間は全く無く、骨棘もだいぶ出来ているものの
グシャグシャに関節が潰れている訳ではないので
もしかしたら関節鏡で滑膜除去をしたり
関節周りのデコボコを滑らかにする手術で
関節の動きが良くなって痛みが取れる可能性も無くはないというのだ。

人工肩関節にしてしまう前に
それをやってみる価値はあるということなので
私はそこに賭けてみたい。

骨が変形しているんじゃ、いくらマッサージしようがリハビリしようが
骨そのものの形は手術以外には治らないわけで
人工にするのはその後でもいい。

現に私の左膝も10年前に受けた関節鏡手術で
今日まで持ち堪えているのだし。
やっても無駄になる可能性ももちろんあるのだけれど…

今通っている駅前の総合病院と11年前に右股関節の手術をした大学病院は
関連病院で股関節の先生も肩の先生も
大学病院の方でも診察をしていて、
肩の先生は主に大学病院の方でお仕事をされているので
手術となると今度は大学病院に入院することになる。

早速来週大学病院で基本的な入院前の診察を受けることになった。

またトントン拍子すぎて少し怖さも感じるけれど
できれば上着を着なくてはならない季節になる前に
肩をなんとかしなくては憂鬱な秋になってしまうからね…
体調 | - | -  ▲ TOP
白うさぎになる?
奇妙な夢を見た。
将来、私は大きな白うさぎになるらしい、という夢。
おかしな話だけど、夢の中ではすべてが納得できているんだよね。

眠りに就く前によく考えるのは
「どうして私はこんなにあちこち関節が壊れるんだろう」
ということ。

何かの栄養分が足りないからだとか、体質だとかそんなことを考えるけど、
夢の中でそれなりの答えを考え続けていたんだろう。


---------------
ある日、大きな白いうさぎのような動物がシロクマと一緒に楽しそうにプールで泳いでる所を見ていた。

うさぎにしては大きな、カピバラくらいの大きさの大きな耳の長いその生き物は、元々は人間だったというのだ。

そして、私も将来そうなるのだというのだ。

そこはその白うさぎになってしまう病気の人が集まるホスピスのような所で、よく見るとまだ完全にうさぎになりきれていない人もいて、でも完全に白うさぎになれた人は人間の言葉を話せなくなる代わりにうさぎのような機敏な行動ができて、シロクマと一緒に遊べるようになるのだと言う。

元々人間なので人間の言う事は理解できるけど、意思はYESかNOで答える事はできるのだ。

ある白うさぎさんの家族が来ていて、家族が白うさぎさんの耳をつかんで話しかけると話が伝わり、うさぎさんは耳を動かして答えるんだけど…

なぜか見ている私はその白うさぎさんの言いたいことがわかるんだ…

係の人は、それは私が白うさぎになりかけている証拠だと言うのだ。

白うさぎになる始めの症状は股関節が伸びなくなって腰が曲がり、肌がだんだん白くなっていくということ…

ここまでは自覚症状があるので妙に納得してしまった^_^;

そして目が大きく赤くなって耳が伸びて白い毛が生えてきて…段々うさぎ化していくらしい…


うさぎになりたくない?
いや、うさぎになればあんなに自由に動けるんだよ。
人間の言葉が話せなくなるんだよ…
でもうさぎ同士は意思の疎通はできるんだよ。


さぁ、どうする? うさぎになれば楽になる、
でも人間のままでいるにはそれに抗うために手術をしたり、ずっと治療をしなくちゃだめなんだよ…


そうか…うさぎになるのも悪くないかもしれない……

---------------

そんな所で目が覚めた。

おそらく現実にはうさぎにはなれないので、仕方がないので治療を続けます…
_| ̄|○
日常 | - | -  ▲ TOP
次はいつかな? (術後34日目(退院後10日))
リハビリの後、更新したパスポートを受け取りに行ってきた。
新旧の写真を見比べると、やっぱり10年の年月を感じる。

10年前に家族でグアムに行く前に作ったパスポート、
その後タイに一度、夫の単身赴任中、中国に6回渡った。

中国に最初に行った2013年の2月だったかな?
出国のゲートの金属探知機に引っかかったけど、
その後パッタリ金属探知機に反応しなくなったんだよね…

人工関節の手術から6年半余りですっかり私のからだに馴染んだということなのかな?

私より数ヶ月早く人工関節にしたmasumiさんも、今年の初めにアメリカに渡ったけど、やっぱり金属探知機に反応しなかったって言ってたなぁ。


次に飛行機に乗れるのはいつになるだろうか。
またゲートで止められてボディチェックされちゃうだろうな。

めんどくさいけど、そんなにイヤでもなかったな。
最初はすっごく警備の人に警戒されて厳しい顔されるけど、
なんだかワクワクしてる自分もいたんだよね。

危険物では絶対にないし、警告音が鳴る理由も自分でわかってるからね。

さぁ、新しいパスポートにはいつスタンプが押せるかな。

リハビリ、がんばる!


〈追記〉
サンダルの左足のかかとのストラップに手が届いて自分で履けた!
ぼそっ。。。 | - | -  ▲ TOP
衝動。
手術の傷跡に沿ったカサブタというか、厚い角質というか、
とにかく傷が治る過程で要らなくなった私の皮膚の表面が
剥がれかけている。

カサブタって剥がしたくならない?

下手に剥がして傷跡が汚くならないようにしないと…


でも…手が…
剥がしたがってる…^_^;

がまん、がまん。
ぼそっ。。。 | - | -  ▲ TOP
術後31日目(退院後7日)。
今日はリハビリに行く予定だった。

でも今朝から左膝に痛みが出てしまって
昨日までのように歩けない。

杖をついても痛くて、トイレに行きたくて起きたけれどたった5メートルが歩けない。

何でだ? ノーマークの左膝に痛みが出るとは何ごとだ?

これじゃあ身支度もできやしない…


朝食前だけど先に痛み止めを飲み、膝に湿布を貼り、

病院のリハビリ科に電話をしてとりあえず状況説明をして
今日はキャンセルさせてもらい、
午前中はじっと動かないでいたら、午後にはなんとか杖を使って歩けた。


ずっと右膝が痛かったので歩行時は左腕にロフストを持ち、
手術したばかりの左脚は筋力不足なだけで痛くはなかったので
左脚のためには杖をついていなかったから負担をかけてしまっていたのだろう。

それに動けるのが嬉しくてちょっと張り切り過ぎたのかも。
ちょっと反省。

左膝も元気ではないことを忘れかけてた。

無理しない、無理しない…
体調 | - | -  ▲ TOP
術後29日目(退院後5日目)。
左脚で階段を登れた。

左右交互に一歩で一段…左、右、左…と3段続けられた。
ちょっと筋力が頼りないのでそこでやめちゃったけど。


サンダルの左足のかかとのストラップに手が届いて
靴べらなしで自分で履けた!

昨日できなかったことが今日できるようになってる…

そんな毎日が嬉しい。

歩き始めたばかりの赤ちゃんみたいだね。
体調 | - | -  ▲ TOP
術後28日目(退院後4日目)。
昨日は歩き過ぎて疲れたので今日は休息日。
とは言え洗濯をして、1階だけ掃除機をかけ
晩ご飯の支度を普通にやった。

帰国して日も経たないうちに、
ひと月の間、家事をしてくれていた夫に
久しぶりに好物を作ってあげた。

出来合いの物ではなく、ちゃんとひき肉から作った肉団子と、
ひじきの炒め煮、サラダとお味噌汁。
包丁が切れなくなっていたので砥石で研いだりしながら
なんだかんだで1時間以上立ちっぱなしだったかな。

特にどこか痛くなったりもせずにできちゃった。

久しぶりの手料理が余程嬉しかったらしく
肉団子の甘酢あんまで飲み干して「旨い!」を連発。


私も大変だったけど、とーちゃんも頑張ってくれました。
ありがとう^ ^。
日常 | - | -  ▲ TOP
術後27日目(退院後3日目)。
今日は入院前とほぼ同じ運動量、
いや、入院直前よりもたくさん歩いたかも。

洗濯物を干して、自分の朝食を準備して
運転して病院へ行って、内科と整形外科を受診して
リハビリ受けて、薬局で薬を受け取って
パスポートの更新の申請に行って
(気づいたら残りの有効期限があと8日だった^_^;
渡航の予定はないけれど、期限切れになると戸籍謄本?抄本?取らなきゃならないのは面倒だから)

買い物して帰って、夕飯作って片づけて
お風呂入って…


さすがに疲れた。
普通の生活、できちゃった。手抜きだけど。
体調 | - | -  ▲ TOP
術後26日目(退院後2日目)。
朝食にホットドッグとサラダを作った。
私がキッチンに立ち、家族にあれを取って!これ、焼いて!と指図しながらだったけど
いつもの倍は時間がかかったかな。

でもみんな美味しそうに食べてくれたからよかったけど
やっぱりとても疲れる。

入院中の洗濯物を洗ったり、持ち帰った物を片づけたり
やりたいことがたくさんあるけど休み休みで何でも時間がかかる。

また頑張り過ぎないように一段落したらベッドで横になるようにした。

夕食はkikiが作ってくれた。
らくちん^ ^
ここは11年前との大きな違い。

昨日、今日でまたさらに筋力が戻ってきて
お風呂もだいぶ楽に入れるようになっている。
左の足首まで手が届くようになってた。
体調 | - | -  ▲ TOP
| 1/453 | >>